Friday, March 18, 2011

いまさらの RSS考

※以下、間違いがあれば指摘して下さい



 自前のプログラムでも、エクセル上のRSS式であっても、あくまでも 通信相手は、ローカルで動いている RSS.exe である(④の部分)。仮に、この部分がきっちり出来ていても、

 結局のところ、楽天側のサーバからのデータが正しく送られて(②の部分)こないことには、どうしようもない。データが止まっているのか、データの更新がないだけなのか、プログラム(エクセル)側では、判断できない。ダイアログが出るときもあるので、リンク単位で、タイムアウト処理が組み込まれている気もするが、毎回でるわけじゃない(と思う)。

 タスクトレイのRSSアイコンのツールチップの表示が、「RSS 接続処理中...」 ←→ 「 RSS 接続中」と、コロコロ切り替わっているような状態だと、もう、お手上げ。ツールチップが正確に切り替えられているとすれば、そこを監視して、プログラムの停止や、警告表示する処理を組み込めばいいのか(いや、そもそも、取得の方法が、さっぱり分からないので、別の方法として、パケットを監視して切断を判断する処理を途中まで組んでいたが、今ひとつ信頼性に欠ける、というか調査しきれていない)。

 と、久々にRSSのプログラム動かしてみて思った。とりあえず、RSSには、ハイ・スペックPC必須かも。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home