Thursday, March 26, 2009

RT4.0

 俺様、渾身の大人のゲームソフト。

RssTrader4.0

 Ver4.0とか言いつつ、外見はあまり代わり映えしませんが、中身は別物です。本体は株データの入出力と、監視銘柄の管理、それに板表示くらいで、かなりスッキリです。マケスピとRSSさえあれば、そのまま、動くはず。

 スッキリはいいのだけど、それでは何も出来ないので、ユーザーが作成するロジックDLLと、各イベントごとの外部プログラムを必要とします。つまり、全面的に外部依存です。決して手抜きではありません(笑)。当然、使うユーザーは、プログラム知識必須です。

 思うのだけど、結局のところ、戦略など一人一人違うわけだし、中途半端なロジック実装など邪魔なだけではないのか。スクリプトとか言ってプログラムを組ませるなら、余計な制限付けるよりも、より自由でマトモな開発環境が使えたほうがいいのじゃないのか。誰でも使えるソフトってのは、何でも出来るけど、だから何?的なものになるだけかと僕は思う。

無料版の Turbo Delphi でDLL作成

 大体にして既存のロジック使うのならば、ありがちな他ソフト使えばいいし、それでも組み合わせて使いたいからメジャーなのだけでも実装しろよ、ってな意見も判らないでもないですが、個人的には、面白くも何ともない。結果として似たようなロジックになってしまうのは仕方ないとしても、その過程が面白いのじゃないのか。

 株プログラムってのは、かなり面白いゲームソフトであると僕は認識している。相手は、プロからアマまで多種多様でリアルに存在するし、ほぼ毎日参加できる。実弾使うと、さらに面白さ倍増。

 博打なんだから大負けもあり。儲かることが前提で株やっている人はそもそも間違っている。僕のソフト使ったら必ず儲かる、なんて事は無い。ソフトや本にありがちな「~儲かる」は、買う人間の無知・無能ぶりの現れかと。

 攻殻機動隊の話で、本人はとっくに死んでいたのに、コンピュータがピコピコ取引を続けていたっていうやつ。このソフトの目標はあのレベル(大負けせずにね)。

03/30 追記

キャプチャ動画 34.8 MB(展開すると未圧縮AVI 1.84 GB、サイズ注意)

キャプチャ動画 2 49.6 MB(展開すると未圧縮AVI 1.84 GB、サイズ注意)

 ベース部分はこんな感じ。3つほど適当な計算させてるだけ。最近のしょぼい出来高じゃそれなりに動くし、最新のCPUで組めば十分実用になると予想。

 ただ、実際に使うとなると、RSSからのデータだけでは足りなくなってDBと接続云々まで考えないといけなくなる。非リアルタイムなデータで済むなら、あらかじめ必要な計算をしておいて、起動時に初期データとして持たせるのが簡単。常にDBを更新し続けないといけない場合には、メモリ上にDBをのせればいいのかもしれない。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home