Thursday, December 01, 2005

RSS とは何?

 RSSというのはエクセルを使って株情報をリアルタイムに取得できるマーケットスピード独自の機能です。Realtime Spread Sheet というのが正式名称です。ウェブ・ページやブログの更新情報を伝えるRSS(RDF Site Summary)と混同しそうですが、全く関係ありません。

 他でも株価情報のサービスは有るのですが、いかんせん高額で、趣味程度で使うには難しいのです。この楽天証券のサービスは、いずれ有料化されるようですが(2005/02現在、無料)、ぜひとも安価に提供してもらいたいものです。株のプログラムを組むような人(少数派かな?)には必須の機能です。この機能だけでも楽天証券は使う価値があります。

 楽天証券の資料

  リアルタイムスプレッドシート機能
   ITS/topinfo/V_TOP_marketspeed03_43_2.html

  RSS 数式(入力関数)について
   MarketSpeed/onLineHelp/msman1_11_4.html

  Excelサンプルワークシート
   ITS/topinfo/RSSExcel_sample.html
 RSSの実体は、アプリ間の通信手段である DDE そのものです。 DDE というのは、Dynamic Data Exchange で、かなり今さらな古い機能のようですが、割と簡単かつ実績もある方式で色々なソフトに使われています。この DDE に対応できるソフトであれば、必ずしも通信対象がエクセルである必要はなく自前のプログラムから自由に操作できます。

 エクセルが得意な人なら、VBAを駆使して、かなりのものを作れるような気もしますが、根本的にエクセル自体の処理の遅さの問題が解決できないと思います。色々と混みいったことがしたいのならば、結局、VBなり、Cなりでプログラムを組んで使うことになります。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home