Thursday, December 01, 2005

Delphi / DDE #1

 ※前置きとして、ここに書いてある以上の事は、僕は知らないので質問されても答えられないので、あしからず。自分で使うちょっとしたツールを作るためにDelphiを使っていますが、本職ではないし、マトモなソースは書けません。疑問なところは、知り合いのソフト屋さんを捕まえて聞いて下さい。
 Delphiで、DDEを使うには、自分でAPIゴリゴリのイチから書くか、用意されているコンポーネントを使うかの2通りです。玄人ならば、ゴリゴリで良いし、僕が逆に教わりたいくらいの話で、ゴリゴリは書けなくても、何とかコンポーネントくらいは使えるレベルの人向けに解説します。

 具体的に使うのは、「TDdeClientConv」と「TDdeClientItem」の2つのコンポーネントです。名前の通りクライアントですが、対するサーバは、MarketSpeed と一緒に動かす 「RSS.EXE」になります。

イメージとしては、

楽天サーバ --- (MarketSpeed)
-- RSS.EXE <-----> [ TDdeClientConv -- (TDdeClientItem) 自アプリ]

という感じかと。

 通信といっても、ソケットがどうのとか難しい話は、一切ありません。「RSS の DDE 書式」で書いた通り、使うキーワードは、「サービス」、「トピック」、「アイテム」の3つだけです。「TDdeClientConv」が通信の窓口で、データの振り分け先が「TDdeCilentItem」というのが、僕の理解です。「TDdeClientConv」だけでも、通信できないことも無いのですが、実際に自動更新させるマトモなプログラムにするなら「TDdeClientItem」も必要になります。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home